映画・テレビ

ヨコハマメリー

原稿整理をしてたら返って来てない原稿がある事に今更気付いた、中村です。まあ一年も経ったし気長に待つ。(←そんなんだから返って来ないんじゃあ…) 

ドキュメンタリー映画「ヨコハマメリー」を観に行く。

メリーさんとは何ぞや?と思う人はこちらのサイトを見た方が私の拙い説明よりも分かりやすいと思われるヨコハマメリー公式サイトをどうぞ

新聞でメリーさんの記事を見て「映画があるのか~でも佐賀には来ないかな~」と思ってたら1日だけ佐賀にも来る!とゆうので姉がチケを取ってくれました。わーいわーい。

ドキュメンタリー映画観たのは初めてでしたけど、こんなにスクリーンの中の人間の香りが匂ってきそうな映画は初めてで衝撃でした。元次郎氏の香水なんかむせそうになったから不思議。演技をしてる人なんか一人もいないから、すごい生なんですよ…出て来る人皆怒濤の時代を生きてるから言葉の軽快さがまるで違うので、こんな時代に生きてる私には憧れすら覚える程でございました。

そんな彼らが語るメリーさんは敬意があって並々ならぬ人物だというのがよく分かります。でもメリーさんがこういう人であれこれどういう経歴を持ってて実はこんな人だった。というのはハッキリと文字には書けません。そんな事はどうでもいいのです。邪推でございます。映画を観て各々が肌で感じたメリーさんがメリーさんという横浜に生きた一人の女性なのだと思います。

あと元次郎氏が作中歌ってたシャンソン、歌い手が違うとこんなに違うのかと衝撃。いままで聞いていた世に溢れてる「愛の歌」とは全然宿ってる心が違う。今までいい歌と思っていた歌が元次郎氏の歌に比べてとても薄いモノに聞こえてしまい、その薄いモノで感動したり共感したりしてた私はもっと薄いんじゃないのかなと恥ずかしくなってしまう位…

私の描いた作品だって所詮ただ「いい感じの言葉」を並べてるんだなと思うともう撃沈…通って来た道が違いすぎるからしょうのない事なのだけどさ…自分の表現の薄っぺらさを付きつけられた感じで悲しい。

でも今はこの薄っぺらい物に必死にすがるしかない時代なのかな、と思うとますます悲しいやんけ!うがぁぁマイナス思考!でも一皮剥けた気がします。多分~ まあもっと頑張れよって言ってるんだなきっと。頑張ります。

結論だけ言うととても面白いので、お近くの映画館にやって来た際は是非!観るべし!

あ、ちょっとバタバタするので1月程更新ストップします。それではしばらく御免。ドロン。

| | コメント (4)

心を何に例えればいいものやら

描いてないけどザ花の献本が届きました。中村です。やったラッキー♪いただきま~す。

ゲド戦記観て来ましたー以下若干ネタバレ注意です。

ま~暗い。ずっと暗い。 が最初に出る感想かなぁ…のっけから竜の共食いでびっくらこいたよ。コメディと呼べる箇所は無かった…よな?ウサギが「まる。」って言ったとこくらいかな~。もうちょっとクッション剤欲しかった…あと世界観がよく分かんなかったです。広いようで結構狭い範囲内でお話は動いてたんで、一番の脅威が何だったのか分からん。クモ様じゃないよにゃー

絵もいつものジブリ作品より背景画が雑でしたよ。特に雲とか。あと吾郎、線無くし過ぎです!故意にらしいけど無くし過ぎですよっ!ただのノッペリとした手抜き絵に見えてしまったじゃないかー!やめてー!

でも声優陣はすごい良かった!皆合ってて演技もすばらしかったですよ。岡田君良かったです!個人的には田中裕子のクモ様が秀逸…終盤の「死んだ、死んだ」を聞きにもう一回観に行ってもいい位ですぁ(こん時の容姿が、ちみっこはトラウマになるんじゃないかって位恐い。線が少ないだけに余計恐い)

アレンが竜に飛び乗るシーンも良かった。ラピュタを彷彿とさせる…でも雰囲気はナウシカに近かったです。けどやっぱり暗かったよーもうちっと愛すべきキャラクターを作って欲しかった…あと何度も言うが線無くし過ぎだぜ吾郎!

| | コメント (3)

デイジー感想

24日にあったチョンウソンさん主演映画「デイジー」の先行上映会に行って参りました。

ウソンさんの舞台挨拶が予定されておるので、もう2時間ぐらい前から、ウソンさんに恋してる友人は挙動不審になり、かなり可笑しかった…脈とか計りだした時には本当血を噴くかもしんねぇこの人…!と思った…

そうこうしてる内に開演時間になり

スクリーン左てからウソンさんがやって来たよ!!!!

飛ぶ黄色い声援!ニワカファンで申し訳ないけど便乗して私も叫ばせて頂く!!横を見ると友人まるで少女のように清らかな笑顔。あたいピーチ子のこんな笑顔見た事ねぇ!!すごいぞ韓流パワー!!

で舞台挨拶10分足らずで終わっちゃいまして~…短いよー。現在のウソンさんはお顔が丸くなっておりました。かっこよかったです…あのクリクリお目目…

その後映画上映でしたが、感想…とりあえず覚えてるとこを絵にしてみたけど…

以下、若干ネタバレ注意

Uson_2

…微妙ですいません…。

これらの行動はプロの暗殺者てのを前提にして見て頂きたい。

でまあウソンさんの役どころは「孤独な暗殺者」らしいですけど作品見る限り

ドジでマヌケなストーカーです!!!ちょっと引くぐらいの見事なストーキング振りです!!ぶっちゃけずっと変態ストーカーの話だった方が面白かったかもて思うぐらいです! なんだかな~後半なんだかな~あんま印象残らんのよね…何かを犠牲にするっていう美徳を押し付けてる感じでさー…友人曰く「萌え萌えするけど同じ位イライラする」だそうで。この意見は大変的を得ておると思いますよ。

ウソンさん好きやなかったら観なくてもいいと思います。「消しゴムより泣ける」と宣伝文句打ってますけど、泣ける映画では…無い。

あとオールオランダロケの意味もよく分からない。韓国のいい田舎じゃいかんのか。

フラワーズ!!!

| | コメント (4)

コンクリートロ~ド

「耳をすませば」を聞きながら(テレビを背にするという意味)原稿を頑張ろうと思ってたんですけどね…

コタツに入ってガッツリ2時間半見てしまいました…

バカバカバカーーーっっ!!!世子のバカっっ!! ううっ…だってジブリ作品の中で「ラピュタ」の次に好きなんですもん「耳をすませば」…聖司君良いよね!!大好きダっ

そして今探偵ナイトスクープを見てしまってるのは秘密だ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

槍の人

Img_0472_11 

これは~…いつぞやの日記で書いた「武士」に出てた槍の人ヨソルことチョン・ウソンはんですよ…やっぱわちきが描くと細いよ…あかん。いや友達が今私以上にウソン氏ハァハァになってるので(笑) 「じゃあ私も原稿明けたら描くよ槍男!」と言ったので描いてはみたものの…少女漫画絵…この槍人突けるんかね。まー「武士」内容は日記にある通りですけどウソンさんはカッコイイヨー。「私の頭の中の消しゴム」の人らしーでっす。友人とこのサイトでは分かり易いほどウソン祭りがあっておりますのでリンク貼ります。わちきより上手く描いてるあるよー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

武士?

多分「武士」とゆータイトルの映画だと思うんですけど、韓国と中国の合作の。チャン.ツイィーが出てたー(それ以外の役者さんは名前が出て来ないアル…) それがこの前テレビであってたんで途中からでしたけど妹とボーっと見てたんですよ。

内容はおそらく(なにぶん途中からなもんで…)モンゴル族に連れ去られた明のお姫様を高麗からの師団か何かが助けて、お姫様を明まで連れてってあげて優遇されて高麗まで楽々帰ろうぜ!てな話だったと思うんですけど…まあラストの希望としてはお姫様を苦労しながらも明まで送り届けてめでたしめでたしかと思うやないですか~。でもね、何か戦況は不利になる一方やし敵に追い込まれるわ追い込まれるわ、人は死ぬわ死ぬわ…何か見てて不安になってきたんで

私「こいて最後まで見て果たして夢とか希望は残るとやろうか…」

妹「なかったら見よったこの時間はなんやったちゃろうか…」

で、いよいよクライマックスですけど主要キャラがどんどん死んでゆく!敵もどんどん死んでゆく!しまいにゃお姫様が密かに想いを寄せていたヒーローまで死んだ!生き残ったのは姫と数人の女子供と高麗のジーさん一人!皆死んだけどどうなんだこの先!

エンディングロール!

私、妹「ええええぇぇぇぇ!!?」

ちょ~待ちんしゃいあんた!こんなラストで納得できるか~い!!風呂にも入らずジリジリ見てたのに、ヒドイっっ!お~いおいおい………

まータイトルの武士っぷりはしつこいくらい描かれてましたけんど、それが焦点だったんだろうかー…。そーいや作中に出てた槍使いの人が、私が前に描いた「デュエット」とゆー作品の妖怪さんを(あ~三次元で表現するならこんな感じ…うふふ…)と勝手に思ったです…画力は全然足りてないですけーどーねー!!!シクシク。

| | コメント (2) | トラックバック (0)