« ボンボジ。 | トップページ | 青春の味だYO!! »

読書の冬…

ネームの資料を借りるついでに何か脳みそに文章を流し込もうと思って図書館から借りっぱだった本をやっとこさ読みました。

角川ホラー文庫、貴志祐介著「黒い家」

タイトルが気になったので借りたんですけどホラー小説…けど正直読み始めは「どこがホラー!?」て位何も起きません(一応人は死んでるが推理小説色が強い)で何だ~怖くないな~と思って読んでたら後半四半ページぐらいから、こっこえ~~!!一気に怖ええぇぇ!!夜中に布団の中で読むんじゃなかったー!!前半の淡々ぶりはどこへ…てぐらい後半すごい勢いで人が死ぬ…どうするよハモ切り包丁持った、すごい形相の殺人鬼が誰もいないビルの中を自分を殺そうと追いかけ回すんすよっあ~こえぇこえぇ。あと保険金詐欺のしくみがよく分かります。

あ~あとこれ、ちょっと前に読んだけど

新潮文庫、村上春樹著「海辺のカフカ」

これは上下出てるんですけど、上巻はワクワクしながら読んでしまいます。「きっとこの謎は下巻で明らかになるんダ~」と思って…でも下巻を読んでも分かりません。謎が謎のままと言うか…書いてあるんだろうけ…ど?んん?ちょっと分かんない…。分かるようで分かんない。この物語の主人公は15歳の少年なんですけど、同じ年代の男の子が読むと分かるんじゃないだろうか…書店のポップのも「是非15歳の少年に読んで戴きたい」と書かれてありましたし。のでこれを読んだ少年の書いた感想文を読んだ方が、この物語が何だったのかが分かるかも知れないな~という事で15歳の少年達、春休みの読書感想文には海辺のカフカを推す(笑) 他にこの作品を読んだ人の感想も気になるな…メタファー…私の中で大島さんはオールバックです(前髪が無いじゃないかよっ)

|

« ボンボジ。 | トップページ | 青春の味だYO!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4208/629947

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の冬…:

« ボンボジ。 | トップページ | 青春の味だYO!! »